解説

Huluまとめ!「メリット」「デメリット」について徹底解説!

今回はHuluのサービス全般だけでなく、メリットやデメリットについてご紹介致します。

Huluが他のVODコンテンツと比べてどういった特徴があるのかについてお伝えしていきます。

ご検討中の方は是非ともご参考にしてみて下さい。

Huluとは

Huluは元々はアメリカのHuluの日本版として展開されたものの、現在は日本テレビ放送網株式会社(日テレ)の完全子会社である、HJホールディングス株式会社がHuluの日本向けサービスの権利義務を持っています。

そのため、日テレの有料動画配信サービスという色合いが強く、日テレの地上波放送分に未公開シーンを付け加えた特別版やオリジナル番組も多く制作しております。

サービス提供内容

番組数 50,000本以上
月額料金 933円(税抜)  ※単一の料金体系
お試し期間 有(2週間)
対応機器 スマートフォン・タブレット、PC、TV、ゲーム機器
台数制限
同時視聴 不可
ダウンロード機能

 

メリット

それでは、早速Huluのメリットについてお伝えさせて頂きます。

充実の作品数が完全見放題

Huluでは約50,000作品が完全見放題のサービスとなっております。

そのため、見たい作品で追加料金が発生するということはございません。

他のVODサービスでNetflixなどの見放題作品はございますが、作品数を開示しており、なおかつ完全見放題のサービスの中では、最高峰のVODサービスとなっております。

海外ドラマのラインナップが豊富

また、海外発のサービスということもあり海外ドラマの最新話を見れるのはHuluの大きなメリットの一つです。

「24」や「プリズン・ブレイク」を放送してきたFOXチャンネルを視聴することができるため、「ウォーキング・デッド」や「NCIS ~ネイビー犯罪捜査班」などの最新話もアメリカでリアルタイムで放送されているかのように視聴することができます。

日テレ作品の見逃し配信・未公開シーン・オリジナルエピソードを独自配信

日テレの完全子会社でHuluを運営していることもあり、日テレ作品の充実度合は他のVODサービスでは追随できないメリットを持っております

放送中であれば、見逃し配信で最新話だけでなく、過去のエピソードも視聴できるのも嬉しい特典です。

また、放送中の作品の未公開シーンやオリジナルエピソードなども配信しているため、日テレ作品が好きなユーザーにはお勧めのVODサービスです。

対応機器が充実

Huluは視聴可能な機器が充実していることも大きなメリットです。

スマートフォン・タブレット、PCで視聴できるのは他VODサービスでもある種当たり前にはなってきているものの、Huluではゲーム機器やTVでも視聴方法を公式に紹介しております。

マルチプロフィール機能

オーナーを含み、最大で6つのプロフィールアカウントを作成可能です。

お気に入りリスト・視聴履歴をそれぞれのプロフィールで管理することができるため、家族でプロフィールを使い分けて使用することで、連続ドラマなどでどこまで視聴していたかを気にすることなく楽しむことができます。

オフライン再生が可能

Huluにはダウンロード機能がついております

ダウンロード機能の利用は1アカウントで2台、25作品までとなっておりますが、25作品もダウンロードできるのであれば、通勤・通学などの外出中に見るには十分な量なのではないでしょうか。

ダウンロードした作品は、オフライン再生が可能となっているため、パケットを気にせず視聴することが可能です。

お試し期間がある

Huluには2週間の無料トライアル期間があります

他のVODサービスでもトライアル期間については有無が分かれている中、Huluにはトライアル期間があります。

2週間ではあるものの、サービスを「お試し」して、今後も利用していくか決められるのはユーザーには大きなメリットといえるでしょう。

デメリット

Huluはメリットだけではなく、デメリットもあるため、ご紹介させて頂きます。

同時視聴不可

Huluでは登録台数が無制限であり、マルチプロフィール機能や対応機器が多くあるものの、1アカウントでは1視聴までとなっております。

そのため、1アカウントを家族で共有して使用している場合、視聴する上では制約がかかってしまいます。

倍速再生に未対応

また、倍速再生に未対応です。

全ての作品をじっくり見たい人には不要な機能ですが、見たい作品を限られた時間内で見たい人にはこの「倍速機能」を重要視している人も多いのではないでしょうか。

韓国ドラマやアジアドラマのコンテンツが弱い

作品が無いというわけではないものの、他のジャンルと比べると作品数としては約60作品と少なめです。

韓流ドラマが好きでサービスを検討されている方は、他のVOD作品を選択した方が良いかもしれません。

配信期限がわからない

新作の映画などは配信期限が表示されることもありますが、多くの作品については配信期限が表示されておりません。

そのため、複数の作品を見たいと思った際に、どの作品をどの順番で見ていこうかといった計画を立てるのが難しくなります。

配信作品が多いからこその悩みにはなりますが、配信期限が表示されていないのはデメリットといえるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

Huluの概要およびメリット・デメリットについて徹底解説させて頂きました。

Huluは見放題で最新の海外ドラマが視聴できる他、日テレ系の作品を見るには最適のサービスといえるのではないでしょうか。

月額料金は933円(税抜)となっており、金額は他VOD作品と比べると高くも安くもないものの、ラインナップ数や見放題でダウンロード機能もあり、価格以上のサービスが楽しめるのではないでしょうか。

ただ、同時視聴が不可であったり、倍速再生ができなかったり、配信期限がわからない点ついては注意が必要です。

機能面で不十分な面はあるものの、それを補えるだけの最新作品やコンテンツ数があるのがHuluといえるのではないでしょうか。

Huluをご検討されている方のご参考になれば幸いです。